NEWS

2014.02.06

今宵はお江戸にタイムスリップ 「浮世絵」 × 「PARK SIDE TABLES」

「浮世絵レストラン」

紀尾井町「PARK SIDE TABLES」では、2月19日(水)、浮世絵の世界を堪能できる「浮世絵レストラン」を開催いたします。  
ボストン美術館との浮世絵デジタルプロジェクト・プロデューサーである、牧野 健太郎氏を特別ゲストにお迎えして、貴重な江戸のポップカルチャー、浮世絵をスクリーンに映し出し、その世界感を料理、ワイン、日本酒とともにご堪能していただきます。

浮世絵を通じて江戸の庶民生活の素晴らしさ、現代に通ずる生き方、江戸の文化から花咲いた食文化をディナーと共にお楽しみください。江戸文化に触れる貴重な機会、皆様のご予約、心よりお待ちしております。

※ご予約、お問い合わせは 03−6261-2696「パークサイド タブレス」駒澤まで。

◆浮世絵デジタルプロジェクトとは?
日本文化の代表格で、歴史的にも重要である浮世絵を高解像度スキャニングによりデジタルデータ化するものです。歴史的にも重要である浮世絵を「多くの人々が鑑賞できる機会の創出」、また「作品を後世に伝える」という趣旨にて、「浮世絵の正倉院」と呼ばれるボストン美術館のスポルディングコレクション等を含む約2万点の貴重な浮世絵を、データ化するものです。
浮世絵に用いられていた顔料は光に弱く、展示など光にさらされた状態では劣化が進んでしまい、色味が変化してしまいますが、デジタルデータ化することにより、現時点における状態の浮世絵を残すことが可能になるのです。 
また、海外でも「ダ・ビンチ・コード」ならぬ「ウキヨエ・コード」と評され江戸の庶民生活の素晴らしさや、現代に通じる生き方が高く評価されています。
 

◆スペシャルゲスト 牧野 健太郎
教育番組、アニメーション番組の制作やイベントなどのプロデューサー。
2003年よりボストン美術館と共同で制作中の浮世絵デジタル化プロジェクトの責任者。
現在、株式会社NHKプロモーション・上席執行役員・特命担当
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟・評議委員
NHK文化センター・明治大学・明治大学リバティーアカデミー講師。
 
日時  2014年2月19日(水) 
    18:30 受付開始 ウエルカムドリンク
    19:10 牧野氏による講演      
    20:00 ディナースタート         
    22:00 ご歓談、Q&A           
定員  40名様


「浮世絵レストラン 特別ディナーコース」
¥12,000(お飲物、税金込み)

先付 大豆の泡
八寸 サザエのブルギ二オン アワビの肝ソース ビーツのラビオリ
椀物 鱈白子と練馬大根のブイヨンスープゆず風味
魚  甘鯛の西京焼
肉  くじら肉のロティ
〆  鴨ラグー蕎麦
菓子 レンズ豆と白玉のスープ

※お食事に合わせた日本酒、国産ワインなども取り揃えております。
※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。